職場で退職を考えた時

悩み職場で孤立している期間が長引くと、どうしても「退職」という2文字が頭をよぎる時があります。

特に、自らの生活に支障をきたすような孤立感である場合は退職を考えるようになります。

周りの人は「辞めてどうするの?」「次は決まっているの?」「社会人なんだからちゃんとしないとダメだよ」と当人の心の傷を無視した発言を繰り返します。
こんな時、少しでもどういう状況なのか話しを聞いてくれて、理解してくれたらどれだけ気持ちが楽になるか・・
ただ他人には心の中にある苦しみや悲しみを理解する事はできません。
面と向かって「言葉」と「空気」で話しをしなければ他人の心の奥底にある苦しみまで感じ取れないのです。これはメールなどでは伝わりづらい感覚だと思います。

一番理想的なのは、退職を決断して上司に報告した時に、孤立感や人間関係の話しをするのではなく、退職を決断する前に「言葉」で伝えることだと思います(なかなか難しいことではありますが)

孤立孤立感を感じているなかで、退職される時、送別会等はどうなるのでしょう?
管理人は会社の誰かが辞める時、その方の未来の幸せと今までありがとうという気持ちを持って盛大に送別したいという考えがあるので、わだかまりなく新天地に行くのが理想だと思います。
送る側、残される側も人が去っていくのは寂しいものです(人が去るとき、両手をあげて喜ぶような人間こそ社会人ではない)。

出会いに無駄な事はありません。たとえ良い人間関係とはいえなかったにしても、「こういう人間もいるんだな」と感じただけで無駄ではないのです。

残念ながら退職を考えたのであれば、孤立していない状態、今よりも少し状況が改善した状態で、新天地に行く事で次につながるのではないかと感じます。

コニュミケーションの秘訣

聞き方、話し方。この二つが人間関係改善のキーワードです。
>>> もう人間関係で悩まない!

Copyright (C) 職場で孤立から普通へ. All Rights Reserved.