アキレス腱周囲炎とは?

アキレス腱周囲炎とは、アキレス腱やその周辺が炎症して痛む事です。
アキレス腱炎はアキレス腱自体が痛いのに対し、アキレス腱周囲炎は周りが炎症を起こすものです。

例えば、踵(かかと)を何かで痛めたとします。踵は歩く時、走る時、立っている限り負荷がかかっています。痛めた場所に負荷がかかるとさらに痛いわけです。こうなると痛くない歩き方をしようと、いつもと違った姿勢、体重のかけ方で歩くようになります。

どこかをかばう歩き方をすると、その分どこかに負担が大きくかかるわけで大抵アキレス腱付近からふくらはぎにかけて痛くなってしまいます。こういう理由でアキレス腱周囲炎は起こります。

治療方法は安静にしている事が1番なのは言うまでもありませんが、忙しい毎日で安静になどしてられないから、みなさん悩むわけです。
アキレス腱周囲炎は周囲が炎症をおこしているので、ふくらはぎ付近にしこりができている方が多いのです。ですからそういうしこりを取ってあげれば、つらい痛みもなくなるし、炎症も抑えることができます。

管理人は歩き方に癖がありアキレス腱炎になりやすいとの事で、足の指先に力を入れる意識をするよう言われました。気をつけてからはまだ一度も痛めていません。

また痛めていても歩いたり、走ったりしなければならない方には 『伸びランニング』 〜走れば走るほど柔軟性が高まるランニング〜を推奨しています。

記事一覧

HOME  アキレス腱を知ろう  アキレス腱の名前の由来
アキレス腱炎症治療  再発を繰り返す場合  早く治す
炎症をおこす原因  ストレッチは有効?  アキレス腱周囲炎とは?
アキレス腱断裂について

Copyright (C) アキレス腱炎症に気づいたら. All All Rights Reserved.