アキレス腱炎を早く治療する方法

管理人もアキレス腱を何度も痛めているので、痛めた時の煩わしさを知っています。自分の思うような動きができないとストレスが溜まるし、そこに痛みがついてくると苛立ちさえ感じてしまいます。
管理人は学生の頃、陸上部で試合前になるとオーバーワークになり、いつもアキレス腱を痛めていました。しかしアキレス腱の痛みは歩けない、走れないほどではなかったんです。
だから我慢して走ってしまう。我慢して走るとどうなるか?試合前日や当日に我慢できないほどの痛みが襲ってくるわけです。そして結局棄権してしまった事が2度ありました。

当時は先の事など考えていなかったし、その試合だけしか考えていなかったんですね。だから我慢してしまう。

例えば虫歯になって初期の頃に歯医者でしっかり治療してもらえば、治るのに時間はかかりません。
しかし我慢できてしまうから、ひどくなってから歯医者に行く方がいます(管理人ですが。。)そうすると虫歯がひどくなっているので治療に時間がかかるわけです。

アキレス腱炎も一緒です。少しでも痛み、違和感を感じたら無理をしない事、休むこと、これが早く治療する方法です。

学生の方で活動しているスポーツがうまくなりたいという思いが強ければ強いほど、少しくらいの痛みは我慢してしまうものです。大丈夫と自分に暗示をかけている方もいると思いますが、放っておいても絶対に治りません。頑張れば頑張るほど痛みは強くなります。焦りは禁物です。

下記は当サイトが推奨する足首などのサポーターです
シグマックスのサポーター
一般生活用、スポーツ用に分かれていて選びやすくなっています。ランニング等にも効果ありです。

また痛めていても歩いたり、走ったりしなければならない方には 『伸びランニング』 〜走れば走るほど柔軟性が高まるランニング〜を推奨しています。

記事一覧

HOME  アキレス腱を知ろう  アキレス腱の名前の由来
アキレス腱炎症治療  再発を繰り返す場合  早く治す
炎症をおこす原因  ストレッチは有効?  アキレス腱周囲炎とは?
アキレス腱断裂について

Copyright (C) アキレス腱炎症に気づいたら. All All Rights Reserved.