アキレス腱炎症の治療方法 再発を繰り返す場合

アキレス腱炎症による症状は痛みや腫れがほとんどです。
痛みが出た場合はその炎症をおこした原因、例えばスポーツをやっている方なら、痛みがなくなるまで運動を控えたりと安静にする事が一番です。
病院に行って医師の指導のもと、アキレス腱炎の症状にあった治療法をやってもらうのも大切ですが、まずはなによりも安静にすることが一番です。

そもそも、アキレス腱は最近の人間だけについているわけではなく、古代ギリシャの時代、いやもっと昔の人々にもアキレス腱はあったわけで、その当時の方達も少なからずアキレス腱炎症で悩んでいた方がいると思うんです。
その当時は抗炎症剤などの薬なんてなかったはずですから、治療といえば安静にすることだったと思うのです。

今では、安静にした後、状態によって温めたり、適度な負荷でストレッチをしたりと治療、再発防止にできる事がたくさんありますが、何度も何度もアキレス腱の炎症をおこしてしまっている場合、こちらの治療法が必要になってきます。

管理人はアキレス腱炎を3度ほど再発させた事があります。
学生の頃なんですが、陸上部で速く走りたかったので、毎日休むことなく激しい練習をしていました。それなのに一番大切なストレッチ等はあまり真面目にやっていなかったのですね。当時はストレッチの大切さが分からなかったんです。こんなので速くなるのかと。。

アキレス腱を痛めても少し休んで、痛みがひいたらまた練習してストレッチはしない。これで3回再発したのです。
さすがに3回目をやった時はストレッチの重要性に気が付きましたが、痛みはひきませんでした。

下記は当サイトが推奨する足首などのサポーターです
シグマックスのサポーター
一般生活用、スポーツ用に分かれていて選びやすくなっています。ランニング等にも効果ありです。

また痛めていても歩いたり、走ったりしなければならない方には 『伸びランニング』 〜走れば走るほど柔軟性が高まるランニング〜を推奨しています。

記事一覧

HOME  アキレス腱を知ろう  アキレス腱の名前の由来
アキレス腱炎症治療  再発を繰り返す場合  早く治す
炎症をおこす原因  ストレッチは有効?  アキレス腱周囲炎とは?
アキレス腱断裂について

Copyright (C) アキレス腱炎症に気づいたら. All All Rights Reserved.